Entry: main  << >>
4月1日、半熟BLOODアルバム「White」をリリースいたします
0
    鉄道ファン、ガールポップファン必聴!
    人気急上昇中の半熟BLOOD、全国デビューアルバム「White」が2020年4月1日リリース

     

     

    北神急行電鉄公式マスコットキャラクター「北神弓子」の応援ソング「恋のトンネル」、北神急行電鉄応援ソング「トンネルの向こうで待ってる。」を担当し人気急上昇中の半熟BLOODがこれまでに発表した人気曲、代表曲を一挙収録した、全国デビューアルバムをリリース!

     

     

    【MV】Let's Party!! / 半熟BLOOD


    【PV】White/半熟BLOOD (ベストアルバム・全曲トレーラー) 


    半熟BLOOD (はんじゅくぶらっど) プロフィール
    ボーカル:菜つ美 (中央)  ギター:葵 (左) ベース、サックス:うさお (右)

    2012 年、精華大学在学中に菜つ美と葵により結成。2016 年4 月に北神急行電鉄の公式マスコットキャラクター「北神弓子」応援ソング「恋のトンネル」を、2017 年10 月に同電鉄の応援ソング「トンネルの向こうで待ってる。」を担当し注目を集める。1990 年代ガールポップの再来を思わせる瑞々しいポップな音楽性で音楽ファンはもちろん、鉄道ソング制作や鉄道イベント出演を通し鉄道ファンにも広く親しまれている。2019 年10 月にマネジメント会社「株式会社 First Bridge」設立。
    【公式サイト】https://www.hanzyukublood.info/



    次世代ガールポップの旗手!?半熟BLOOD『White』リリース記念インタビュー
    (聞き手……シンガーソングライター、音楽評論家 中将タカノリ)


    ―:今回のアルバム『White』のコンセプトを教えてください。

     

    菜つ美:去年の10月にマネジメント会社(※株式会社First Bridge)を設立して初めてのリリースで全国デビュー作でもあるので、これまでの半熟BLOODの楽曲をブラッシュアップしてベスト盤のような構成にしました。

     

    ―:半熟BLOODには日本らしい独特のポップセンスがあると感じています。みなさんまだ20代半ばだし、現代の若者らしいみずみずしい作風ではあるんですが『ゆらり旅日記』に代表されるように、速すぎず、字余りしすぎず、幅広い年代の人にとって心地いい絶妙な塩梅です。曲作りに関して意識していることを教えてください。

     

    葵:基本的に歌詞は菜つ美、作曲は私が担当しているんですが、菜つ美が書いた詞をよく読んで「大人な感じにしよう」とか「アイドルソングっぽくしよう」とかラフな感じでイメージをしてからストーリーや雰囲気に合わせてメロディーをつけています。元々、尾崎豊さんが好きでギターを始めたので、その影響からか言葉とメロディーの相性には私なりにこだわっています。作曲する上ではチャットモンチーさんやSCANDALさんから学んだ部分も大きいです。

     

    ー:今の平均的なJ-POPよりも歌詞とメロディーが合致するところが歌謡曲のような、90年代ガールポップのような聴きやすさを生んでいるんでしょうね。歌モノをシンプルなバンドサウンドで成立させているガールズバンドから影響を受けたというのも納得です。

     

    半熟BLOODは歌詞もとても個性的ですね。詩的なものから会話調のものまで幅広い作風のものがありますが、菜つ美さんが歌詞を書く上で意識していることを教えてください。

     

    菜つ美:表現したいことは色々ありますし、もらったお題に挑戦することにも興味があります。でも何より大切にしているのは聴く方が「想像できる余地を残す」ことです。特に『恋のトンネル』や『トンネルの向こうで待ってる。』のような鉄道ソングは鉄道を利用している人、ファンの人、それぞれにとっての鉄道風景が思い浮かぶようにと思って歌詞を書きました。聴く方それぞれの解釈で、色んな想像をしてほしいと思っています。

     

    ー:『丑三時』の「腕時計にジャム塗って」とか「スイスイスイスに行ったらアタシをもっと好きになる」って表現はブッ飛んでやがるなぁ……と感じました(笑)。いわゆるミュージシャン的な発想だけではなかなかこういう歌詞は思いつかないんじゃないかなとと思うんですが。

     

    菜つ美:ブッ飛んでますか(笑)。たしかに私は高校まで陸上に打ち込んでいて、大学で葵ちゃんに出会うまで自分が音楽をするだなんて思ってもいませんでした。ただ古典文学やアニメ、お笑いは子供の頃からすごく好きだったので、今思えば言葉による表現には興味があったんでしょうね。

     

    ―:そこらへんの影響なのか、歌詞がありがちな安易な自分語りや応援ソングになっていないところがいいと思います。お笑いと言えば、菜つ美さんのお兄さんは吉本興業の芸人さん(※ホテル・橋本大祐)で「創作LINE」とか変わったネタをやってるので、そういう独創的な言語センスは遺伝もあるのかもしれませんね。

     

    菜つ美:ハハハ……ノーコメントにしておきます(笑)。

     

    ―:菜つ美さん、葵さんによって作られた楽曲を編曲しているのはうさおさんですね。半熟BLOODにはいろんな曲調の曲がありますが、どんなことを心がけて作業していますか?

     

    うさお:曲のイメージを壊さないことを重視してアレンジしています。2人の作った曲は弾き語りの状態でもすばらしいと思うので、その良さをうまく引き出せるようにするのが僕の役割ですね。

     

    菜つ美:バランサーというか、メンバー間のアイデアを上手にまとめてくれる貴重なキャラクターです。

     

    ー:菜つ美さんと葵さんの濃さを中和してくれてるんでしょうか(笑)。そのせいか、アコースティックなものからテンポの速いロックっぽいものまで、ゴチャゴチャせずに曲ごとの個性がよく出せていると思います。それでいて半熟BLOODらしい軸はしっかり守られています。

     

    うさお:ありがとうございます。吹奏楽部出身なので、パートごとのバランスや人間関係を調整するスキルは高いかもしれません(笑)。

     

    ―:『White』リリース後の抱負や今後の目標を教えてください。

     

    葵:これまで関西中心に活動してきましたが、今回のアルバムリリースをきっかけにもっと積極的に全国に展開していきたいと思っています。今年は東京をはじめいろんな地方でのライブを計画しています。私は九州出身なので、九州でも積極的にライブをしてファンの方を増やせるといいなと思っています。

     

    菜つ美:会社も作ってしまったし、もう後戻りはできないので半熟BLOODを日本中の人に知ってもらえるよう必死で頑張ります!

     

     

    『White』キャンペーンライブ情報


    ・4月5日(日)12時〜
    @露依楼囲(兵庫県川西市 ライブイベント)


    ・4月11日(土)13時〜
    @神戸アートヴィレッジセンター前(神戸市兵庫区 ライブイベント「新開地土曜マルシェ」にて)

    ・4月19日(日・暫定)
    @JEUGIA上本町近鉄店(大阪市天王寺区 インストアライブ)


     

    『White』商品情報

     

    【品番】
    LACA-10006


    【発売日】
    2020年4月1日
    ※3月25日に一部先行配信

     

    【価格】
    2,500円(+税)

    【形態】
    CDアルバム+配信

     

    【収録曲】
    1.Let′s party!!
    2.ヒメゴト-album ver.-
    3.丑三時
    4.ゆらり旅日記
    5.恋のトンネル
    6.midnight taxi
    7.魔法がとける前に
    8.トンネルの向こうで待ってる。
    9.会社をつくってしまった

     

    【発売元】
    合同会社 音楽事務所LAZY ART http://lazy-art.net/

     

    【販売元】
    株式会社ウルトラ・ヴァイヴ http://www.ultra-vybe.co.jp/

     

    【Amazon販売ページ】

    https://www.amazon.co.jp/WHITE-%E5%8D%8A%E7%86%9FBLOOD/dp/B084QM3VYY/ref=sr_1_fkmr0_1?dchild=1&keywords=%E5%8D%8A%E7%86%9FBLOOD+%E9%AF%89%E5%BF%83&qid=1584602878&sr=8-1-fkmr0

     

     

    お問合せ

    ※本件に関するお問い合わせは合同会社 音楽事務所LAZY ARTまでお願いいたします

    MAIL: lazyart.official@gmail.com
    | lazy-art | 16:30 | comments(0) | - |
    Comment